ネットワークビジネスと特定商取引に関する法律

ネットワークビジネス、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)は 「特定商取引に関する法律」の 第三章  連鎖販売取引 (第三十三条―第四十条の三) にあたります。

ネットワーカーとコンプライアンス にあるように勧誘の際などにこの特定商取引法違反をしているネットワーカーは非常に多いのが現状です

ネットワーカーの法令順守意識の低さも多くの被害・苦情がMLM寄せられ、ネットワークビジネスが時に悪徳マルチ商法などとして語られることに繋がっていると言えるでしょう。

特定商取引法 第三章 連鎖販売取引の構造は

第三十三条(定義)
第三十三条の二(連鎖販売取引における氏名等の明示)
第三十四条(禁止行為)
第三十四条の二(合理的な根拠を示す資料の提出)
第三十五条(連鎖販売取引についての広告)
第三十六条(誇大広告等の禁止)
第三十六条の二(合理的な根拠を示す資料の提出)
第三十六条の三(電磁的方法による広告の提供を受けることを希望しない旨の意思の表示を受けている者に対する提供の禁止)
第三十七条(連鎖販売取引における書面の交付)
第三十八条(指示)
第三十九条(連鎖販売取引の停止等)
第四十条(連鎖販売契約の解除等)
第四十条の二
第四十条の三(連鎖販売契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)
となっています。

この特定商取引法を把握していないネットワーカーは数多く、または把握していても確信犯的に法律違反のネットワークビジネス勧誘方法をしているネットワーカーも数多いようです。

次を読む

MENU

ネットワークビジネス情報局トップ

ネットワークビジネス(MLM)について

ネットワークビジネスと法律

日本アムウェイへの苦情・被害

ニュースキンへの苦情・被害

ニューウエイズへの苦情・被害

友達に教える


ナチュラルハイジーンでダイエット
アサイベリーで健康に
関節痛に効く成分
手作りマルセイユ石鹸

ネットワークビジネスの選び方

急成長しているネットワークビジネス

無断転載禁止