ネットワークビジネスと借金2

ネットワークビジネスに関する苦情や被害で多いのが家族がMLMにはまって消費者金融・サラ金などで借金を抱えてしまったというものがある。

職業がネットワークビジネス(MLM)だけだとクレジットカードやローンの審査は通りにくいはずであるが、審査が甘い消費者金融やクレジット会社などもあって、人によっては多額の借金を抱えていたりするようである。

多 くのネットワークビジネスの勧誘ではネットワークビジネスは低資金ではじめられ、「ノーリスク」を謳っていることが多いが、現実には勧誘するための謳い文 句である場合が多く、多数のネットワーカーが自費をつぎ込んで貯金を失ったり、借金を抱えてしまったりしているのが現状である。

ネットワークビジネスで借金をしてしまうパターンとしては事実上ノルマに近い売上条件に満たない分を 自己購入(買い込み)をするために借金をしてしまう場合と、加盟金・登録費などが非常に高額で、加盟時にローンを組んで参加させるようなネットワークビジ ネスに参加してしまった場合があるようである。、 (場合によっては 初めに多くお金を支払うことで有利なポジションやタイトルからスタートできるシステムで、一口○万円もの加盟金を何口も支払わせる会社などもある)

学生を勧誘して加盟金のために何十万円ものローンを組ませて問題になったネットワークビジネスなどもある。

また、一軒軽視されがちだが、ネットワークビジネスの活動費は結構馬鹿にならないものである。全国各地のセミナーやミーティングに行く交通費や宿泊費、セミナー代、人に会う際の飲食費などの経費・活動費などもトータルで見ると相当な額になる場合も多い。

ネットワークビジネス開始時に個人事業主の届出をしていない人は多く、ネットワーカーの借金は一般の事業主が事業計画書を提示して事業資金として借り受けるような借入金などとは違って、金利も高い消費者金融、サラ金の場合が多いようだ。

MENU

ネットワークビジネス情報局トップ

ネットワークビジネス(MLM)について

ネットワークビジネスと法律

日本アムウェイへの苦情・被害

ニュースキンへの苦情・被害

ニューウエイズへの苦情・被害

友達に教える

ネットワークビジネスの選び方

急成長しているネットワークビジネス

無断転載禁止