ネットワークビジネスで権利収入は可能か

アムウェイ、ニュースキン、ニューウェイズなどMLM各社で勧誘の際に多くのネットワーカーする説明が「権利収入(権利的収入・継続的収入)」が得られるという説明である。

ネットワークビジネスで権利収入を得ることは本当に可能なのだろうか。

現実にそういった収入を得ている人がネットワーカーの中のごく一部にせよ存在しているのであるから一応は可能なのだろう。

品質が高くて低価格な消耗品のため、リピート率が非常に高く、組織を作ると毎月リピートがあるから仕事をしなくても継続して収入を得られるというのが権利収入を得ることが出来る理由で語られることが多い。

確かに、純粋な愛用者会員を多数作り、毎月そのリピートで安定した売上があがるような消費者組織を作ることが出来れば継続的な収入に結びつくかもしれない。

ただ、メーカー直売や卸直売の ダイレクトセリング インターネットの普及によって今やネットワークビジネスに限らず、ごく当然のことであり、組織を作った人へのコミッション還元分が製品価格に盛り込まれているMLMの製品が現代でも品質に対して安いと言いきれるかどうかは大いに疑問である。

実際に検索してインターネットの掲示板などを見ていると、MLMの製品をユーザーとして気に入っている人でも安いと認識している人はそれほど多いとは思えない状況だ。

街中で「アムウェイの洗剤は安いか?」「ニュースキンのシャンプーは安いか?」とアンケートをとったらどうなるか?その結果はある程度想像がつくものではないだろうか。

次を読む

MENU

ネットワークビジネス情報局トップ

ネットワークビジネス(MLM)について

ネットワークビジネスと法律

日本アムウェイへの苦情・被害

ニュースキンへの苦情・被害

ニューウエイズへの苦情・被害

友達に教える

ネットワークビジネスの選び方

急成長しているネットワークビジネス

無断転載禁止